VimでインデントのTabをプラグインを使わずそれなりに可視化する方法
  • Date:金曜日 15 1月 2016 (AM 06:52:47)
  • Updated:金曜日 15 1月 2016 (AM 06:55:50)
  • Tags:Vim
  • Category:Programming

ググるとプラグインを使う方法ばっかり出てきて、とりあえずプラグインを入れたけど、プラグインに依存しないでもそれなりにかっこよくできるのでそっちでいいやという話です。


タブなどの見えない文字の可視化はlistを使うとできます。

set list

でひとまず見えますが、インデントは"^I"になって微妙です。インデント以外にもいろいろ可視化されて邪魔です。

書式設定をするには、listcharを使います。

set list listchars=tab:|_

"| ¦ ┆ │ » ▸ >"あたりが使えそうです。

色はSpecialKeyを設定することで変更できます。

hi SpecialKey ctremfg=darkmagenta

Ubuntu 14.04のgnome-terminalを使っていてあまり目立ちすぎても邪魔なのでdarkmagentaに設定して使っています。お好みの色で使うと良いです。

自分はvimrcに以下の設定を書いて使ってます。

hi SpecialKey ctermfg=darkmagenta
set list listchars=tab:¦_

プラグイン入れるよりお手軽でいい感じです。

消したい時もあると思うのでトグルするときは

set list!

でトグルできます、何かしらのキーにマッピングしておいてもいいかもです。

参考記事

Show comments

Adsense

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

About

どこにでもいる平凡なプログラムを書く人間のログ。

Tags

-->