PelicanのTheme【使う編】- Python
  • Date:水曜日 14 10月 2015 (AM 12:40:16)
  • Updated:木曜日 15 10月 2015 (AM 12:13:05)
  • Tags:Pelican Python
  • Category:Programming

前回の記事でPelicanをgh-pagesにデプロイする方法を書きましたが、PelicanはThemeがデフォルトで2つしかなくてパッとしません。

デフォルトのThemeをカスタムして使う方法から、Themeリポジトリを利用する方法をまとめました。

デフォルトのTheme

notmyideaというThemeがデフォルトで使用できます。もう一つ"simple"というThemaがありますが、プレーンテキストです。

notmyideaについてはドキュメントに詳しく書いてあります。

Settings — Pelican 3.6.3 documentation

このThemeはpelicanconf.pyに変数を追記することである程度拡張できます。

変数名 効果
SITESUBTITLE サブタイトル
DISQUS_SITENAME DISQUSのsitenameを書くと、DISQUSのコメント欄が追加されます
GITHUB_URL githubのリンクリボンが追加されます
GOOGLE_ANALYTICS Google AnalyticsのIDをセットできます
GOSQUARED_SITENAME GoSquaredのIDをセットできます
MENUITEMS (Title, URL)のタプルのリストでメニューを追加できます
PIWIK_URL PiwikiのURL
PIWIK_SSL_URL PiwikiのSSK-URL
PIWIK_SITE_ID PiwikiのSite ID
LINKS (Title, URL)のタプルのリストでリンクリストを作れます
SOCIAL (Title, URL)のタプルのリストでsocialセクションを作れます
TWITTER_USERNAME Twitterのボタンが追加されます

CSSも拡張することができて、pelicanconf.pyに以下のように書きます。

CSS_FILE = "wide.css"

これでもそこそこ使えそうです。

Themeリポジトリを使う

getpelican/pelican-themes

色々なThemeが落ちています。

このリポジトリをクローンして、pelicanconf.pyの”THEME"にパスを指定する or ビルド時に-tオプションでパスを指定すると使えます。

$ git clone --recursive https://github.com/getpelican/pelican-themes ~/pelican-themes
THEME = "path/to/pelican-themes/theme-name"

or

$ pelican contents -s pelicanconf.py -t path/to/pelican-themes/theme-name

お気に入りのものが見つかればこれで良さそう。

まとめ

Pelican、英語圏では割りと流行っていそうな様子。日本でももっと流行っていい気がする。

Show comments

Adsense

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

About

どこにでもいる平凡なプログラムを書く人間のログ。

Tags

-->